Ubuntu 17.04でZsh+Zplugを使っていい感じの端末環境を

最強のシェル

news.mynavi.jp

最強のシェル、それは「zsh」

なにせ補完が強いらしい

zshのプラグインマネージャーといえばAntigenだったのだが、遅いみたいで今ではzplugがいい感じらしい

qiita.com

github.com

環境

  • Ubuntu 17.04
  • Git 2.13.0
  • Zplug

Zshをインストール

aptで引っ張ってくる

$ sudo apt install zsh

Zshをデフォルトシェルに

$ chsh -s $(which zsh)

パスワードを求められるので入力する

chshとは、ログインするときに使用するシェルを変更するコマンド

Zshの初期設定

初めてzshを起動するとこのように.zshrcの場所などを聞かれるので答えてあげます ここではRecommendされてる(2)を選びます

$ zsh

This is the Z Shell configuration function for new users,
zsh-newuser-install.
You are seeing this message because you have no zsh startup files
(the files .zshenv, .zprofile, .zshrc, .zlogin in the directory
~).  This function can help you with a few settings that should
make your use of the shell easier.

You can:

(q)  Quit and do nothing.  The function will be run again next time.

(0)  Exit, creating the file ~/.zshrc containing just a comment.
     That will prevent this function being run again.

(1)  Continue to the main menu.

(2)  Populate your ~/.zshrc with the configuration recommended
     by the system administrator and exit (you will need to edit
     the file by hand, if so desired).

--- Type one of the keys in parentheses --- 2
/home/user/.zshrc:15: scalar parameter HISTFILE created globally in function zsh-newuser-install

Gitの最新版をインストール

zpluggitに依存してるのでインストール

なんで、わざわざ最新版を入れるのかって?

なんとなくに決まってるじゃないか

よく使うし最新版にして損はないと思う多分

$ sudo apt install git
$ git version
git version 2.11.0

普通にインストールすると2.11.0

PPAを追加して最新版にする

$ sudo add-apt-repository ppa:git-core/ppa
$ sudo apt update
$ sudo apt upgrade
$ git version
git version 2.13.0

現時点での最新版2.13.0がインストールされた

残りの依存関係をインストール

$ sudo apt install curl gawk

Zplutのインストール

$ curl -sL --proto-redir -all,https https://raw.githubusercontent.com/zplug/installer/master/installer.zsh| zsh
✔  Checking if your zsh version is newer than 4.1.9 [SUCCEEDED]
✔  Installing zplug to /home/user/.zplug [SUCCEEDED]
All processes are successfully completed 🎉
For more information, see http://zplug.sh 🌺
Enjoy zplug!

これでホームディレクトリに.zplugというフォルダができました

あとは.zshrc.zplugを読み込むように指定してやればいい

zplug.zshrcへのテンプレート

source ~/.zplug/init.zsh

# インストールしたいプラグイン

# Install plugins if there are plugins that have not been installed
if ! zplug check --verbose; then
    printf "Install? [y/N]: "
    if read -q; then
        echo; zplug install
    fi
fi

zplug load --verbose > /dev/null

詳細は公式READMEに

github.com

.zshrcに追記したら

次回zshを起動したときにインストールされる

.zshrc晒しときます

zsh設定ファイルzplug使用

Windows10にTeX Live + Sublime Text 3環境を構築

Windows10でレポートを書くときに必要だったのでメモ

こっちはUbuntu

akashisn.hatenablog.com

環境

  • Windows10(1703)
  • TeX Live
  • Sublime Text 3
  • LaTeXTools
  • SumatraPDF

TeX Liveのインストール

Installing TeX Live over the Internetから

install-tl-windows.exeをダウンロードし、実行する。

img

Simple install (big)を選択する

img

Installを押し、インストーラーを展開する 展開が終わったら、

img

インストーラーが起動するので、次へを押す

img

標準のディレクトリのままにしておく

img

Sublime Text 3を使うので、TeX Worksのチェックは外しておく

img

これで良ければ導入を押す

img

しばらくかかるのでのんびり待つ

img

1時間ぐらいかかった

アップデート

インストールが終わったら一応最新版にアップデートしておく

PowerShell,cmdなどで以下のコマンドを実行する

$ tlmgr update --self --all

Sublime Text 3で使えるようにする

メニューの[Preferences] > [Package Control]を選択します。

もしない場合は、Installation - Package Controlにあるコードを[View] > [Show Console]で出たところに貼り付けて[Enter]を押します。 Sublime Textを再起動して[Preferences] > [Package Control]があればインストール成功です。

追記

Build 3124から[Tools] > [install Package Control..]から簡単にインストールできるようになってます Sublime Blog » Sublime Text 3 Build 3124

次に、Installと打ち込み、Package Control: Install Packageを選択します。

LaTeXToolsと入力してLaTeXToolsを選択します。

何もエラーが表示されなけれがLaTeXToolsのインストールは成功です。

次にLaTeXToolsの設定をします。

[Preferences] > [Package Settings] > [LaTeXTools] > [Settings - User]を選択します。

ダイアログはすべて[OK]を選択してください。

"builder_settings" : {

の次の行に

"command" : ["latexmk", "-cd",
                "-e", "$latex = 'platex %O -no-guess-input-enc -kanji=utf8 -interaction=nonstopmode -synctex=1 %S'",
                "-e", "$biber = 'biber %O --bblencoding=utf8 -u -U --output_safechars %B'",
                "-e", "$bibtex = 'upbibtex %O %B'",
                "-e", "$makeindex = 'upmendex %O -o %D %S'",
                "-e", "$dvipdf = 'dvipdfmx %O -o %D %S'",
                "-f", "-%E", "-norc", "-gg", "-pdfdvi"],

と入力して、保存します。

これでSublime Text 3でLaTexを使うための設定は以上です。

SumatraPDFのインストール

AdobeのPDF ReaderはPDFをロックしてしまうので、SumatraPDFをインストールします

Download Sumatra PDF - a free reader

ここからSumatraPDF-3.1.2-64-install.exeをダウンロードし、インストールする

使ってみる

\documentclass{jsarticle}
\begin{document}
こんにちは、世界
\end{document}

Sublimeでこのソースを打ち込みLaTexのハイライトになっていることを確認して、

[Ctrl+B]を押して一番上のLatexを選択します。

これで同じディレクトリにPDFファイルができました!やったね!

参考