読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Ubuntu 16.04 LTS に日本語LaTeX + Sublime Text 3環境を整える

レポートを書くときに必要だったので、メモ

環境

  • Ubuntu 16.04 LTS
  • Sublime Text 3

Latexのインストール

事前作業

$ sudo apt update
$ sudo apt upgrade

とりあえずアップデート

リポジトリの追加

$ sudo apt-add-repository ppa:texlive-backports/ppa
$ sudo apt update

TexLiveのインストール

  • texlive : TexLive本体
  • texlive-lang-cjk : 日本語版 (UTF8 対応)
  • latexmk : texのコンパイルを簡単におこなうツール
  • xdvik-ja : プレビューを見るのに必要
  • dvipsk-ja : DVIからPostScript への変換用
  • gv : Ghostscript,ps 形式の図を取り込んだ文書の作成用
  • texlive-fonts-recommended,texlive-fonts-extra : TeX 用フォント
$ sudo apt install texlive
$ sudo apt install texlive-lang-cjk
$ sudo apt install latexmk 
$ sudo apt install xdvik-ja
$ sudo apt install dvipsk-ja
$ sudo apt install gv
$ sudo apt install texlive-fonts-recommended texlive-fonts-extra

この方法でのインストールだとインストール先は/usr/share/texliveになります。

Sublime Text 3で使えるようにする

メニューの[Preferences] > [Package Control]を選択します。

もしない場合は、Installation - Package Controlにあるコードを[View] > [Show Console]で出たところに貼り付けて[Enter]を押します。

Sublime Textを再起動して[Preferences] > [Package Control]があればインストール成功です。

次に、Installと打ち込み、Package Control: Install Packageを選択します。

LaTeXToolsと入力してLaTeXToolsを選択します。

何もエラーが表示されなけれがLaTeXToolsのインストールは成功です。

次にLaTeXToolsの設定をします。

[Preferences] > [Package Settings] > [LaTeXTools] > [Settings - User]を選択します。

ダイアログはすべて[OK]を選択してください。

"builder_settings" : {

の次の行に

"command" : ["latexmk", "-cd",
        "-e", "$latex = 'uplatex %O -interaction=nonstopmode -synctex=1 %S'",
        "-e", "$biber = 'biber %O --bblencoding=utf8 -u -U --output_safechars %B'",
        "-e", "$bibtex = 'upbibtex %O %B'",
        "-e", "$makeindex = 'upmendex %O -o %D %S'",
        "-e", "$dvipdf = 'dvipdfmx %O -o %D %S'",
        "-f", "-%E", "-norc", "-gg", "-pdfdvi"],

と入力して、保存します。

これでSublime Text 3でLaTexを使うための設定は以上です。

使ってみる

\documentclass{ujarticle}
\begin{document}
こんにちは、世界
\end{document}

uplatexを指定してるので、 jarticleujarticle にしてね

Sublimeでこのソースを打ち込みLaTexのハイライトになっていることを確認して、

[Ctrl+B]を押して一番上のLatexを選択します。

これで同じディレクトリにPDFファイルができました!やったね!

参考